広告でよく見かけるカードローンとは

電車広告やテレビのCMで見かけることの多いカードローン(検討中の人はこちら→カードローン 比較)ですが、カードローンとはどういったローンを言うのでしょうか。カードローンとは、ローンの申し込み時点ではどのくらいの金額が自分に必要なのかがはっきりわからない方にも、毎月少額は確実に返済できるという方にもぴったりのローンと言えます。

カードローンは、一般的にローンと言われて想像できる住宅ローンや自動車購入のためのローンとは少し仕組みが違います。これらのローンは通常、借りたお金は原則として一括で自分の口座や支払い先口座に振り込まれます。その後毎月決まった金額を契約年数までの間に支払っていく方式がとられています。

一方でカードローンは、契約した金額が振込まれるわけではなく、その金額までならいつでも借りられるという仕組みになっています。例えば50万円の枠でカードローンを作ったとき、一定の年齢になるまでいつでも50万円までなら借りることができます。もちろん、20万円と30万円といったように何回かに分けて借りることも可能です。カードローンの利点は、一度に借りたお金が手に入るローンと違い借りたお金の分だけしか利息がかからないことです

つまり、枠だけ念のために持っておき使わないということも可能です。またカードローンの利点は借入方法だけでなく返済方法にもあります。多くの銀行や消費者金融で販売されているカードローンは、少額からの返済が可能です。借入金額や残高にもよりますが、中には月に最低千円からの返済でも良しとしているものもあります。

また、少し余裕があって多く返済したいというときもカードローンは便利です。ATMやコンビニに行き簡単な操作だけで、毎月返済しなければならない金額よりも大きな金額を返済することも可能です。カードローンはこのようにメリットが多く思えますが、もちろんローンなので使うときはプランを立てることが重要です。返済金額やそもそもの限度額など自分の生活にあった借入をすることをおすすめします。

カードローンの金利を少しでも抑えるには

借入をするときに何より気になるものは金利です。特にカードローンは少額から高額な金額まで借りることができ、原則として好きなときに利用できることからより金利に敏感になっておかなければ、少し損をしてしまうこともあります。カードローンの金利を抑える方法は次の3つです。

1つめの方法としてそもそも金利設定が低い金融機関から借入をするということです。最近では地方銀行からメガバンク、ネット銀行まで様々なタイプのカードローンが用意されています。地方銀行でも全国どこの人でも利用できる低金利のカードローンがありますし、ネット銀行では何らかのサービスを利用することを条件に店頭金利よりも引き下げた金利でローンを利用できるものもあります。

また利用すべきは銀行だけではありません。消費者金融でも、最近では銀行顔負けの金利プランを提供している会社もあります。また初回の利用に限り1ヶ月程無利息の時間を設けているキャンペーンなどもあるので利用しない手はありません

2つめの方法として、自分の信用情報をなるべく綺麗にしておくという手があります。よく掲示されている利息が数パーセントから15%近くという幅のあるローンで、かつ利率は総合的に判断して決定されます等という文言があるローンを借りるときに有効な方法です。

こういったローンの場合、信用情報や年収や勤続年数といった属性が良ければ良い程に大きな金額を低い利率で借りることができます。年収や勤続年数などの情報に嘘をつくわけにはいかないので、個人信用情報を綺麗にすることを目標にしましょう。具体的には、絶対に支払いを延滞しないことです。特にカードローンを申込み3ヶ月前は延滞は避けるべきです。これ以外に、利用していないクレジットカードは解約することもあげられます。

3つめの方法として、借りたお金をなるべく早く返すことがあげられます。上記の方法を使って、さらに返済すべき期間を短くすれば鬼に金棒です。これら3つの方法をうまく利用して負担を少しでも抑えましょう。

カードローンの借り換えで注意すべきポイント

カードローンの借り入れが2社、3社と増えていくと、いわゆる多重債務状態となります。多重債務状態となると、返済金額が増えるのはもちろんのこと、ATMで返済する場合などは物理的にも時間をとられることになり大変面倒になります。ここに着目したのが、借り換えローンやおまとめローンといわれている金融商品で、複数の借金を1社にまとめることで、毎月の返済額はほとんどのケースで少なくなり、物理的な問題も解消され、また、多くの場合には金額が大きくなるため適用金利も下がることになります。

ここだけ見ると、都合の良いことばかりで、多重債務者は救われますし、カードローン業者も利益を上げられるというWin×Winの話のように思えるのですが、世の中はそう簡単にはいきません。まず、カードローン業者が、そう簡単に多重債務者に大口の融資をするのかという問題があります。つまり、審査が通らないという問題が出てくるわけです。個人差や借入金額にもよりますが、一般的には、4社、5社となるとほぼ審査に通ることは難しくなります。大手消費者金融が公表している数字で見ると、普通の申込みでさえ、審査通過率は40%前後という状況なのです。従って、多重債務状態の方が大口の融資の審査で契約できる確率は非常に小さくなるということです。

また、もっと大切な問題として、仮に借り換えすることができたとしても、それで本当に完済することができるのかということです。残念ながら、借り換えにより、一時的には返済が楽になったものの、その後も借入残高が減少して完済できたという話をあまり耳にすることはありません。逆に、借り換えにより、さらに借金額を増やす利用者も大勢いるのです。

このように、きっかけ作りとしては、借り換えにも一定の利用価値はあると考えられますが、よほどしっかりした返済計画がないと完済には近づけません。従って、最低でもいつになれば完済できるのかという時期を決めて、返済計画を作ることが大切ですし、本当に借り換えで済むのかということも含めて、債務整理も念頭に置いて、専門家に相談してみることも重要です。

カードローンの審査について

カードローンを申込むと、実際に融資を受ける前に必ず審査があります。この審査がどのように行われているのか、申込んだことのない人でも気になるでしょうから、それを解説しましょう。ただ、詳細はブラックボックスです。カードローン会社によっても異なるでしょうし、そもそも詳細は明らかにはされていません。ですから、あくまでも参考程度に考えておいてください。

審査の対象となるのは、大きく分けて3つです。仕事など収入の面、自宅や家族など生活の面、そしてこれまでのローン返済の面、この3点です。これらは、結局のところはその人に貸したお金をきちんと返してもらえそうかどうかということの判断に重要な切り口であると思われていることに他なりません。収入が無くてはもちろん借りたお金を返したくても返すことができないと考えられます。ですから収入面は一番重要です。そもそもいくらくらいまでであればこの人に貸してもきちんと返せそうかということを判断するうえでも年収というのは重要です。

また、単に現時点での年収が高くても、それが安定していなさそうだと思える人には、お金を貸すほうとしても慎重にならざるを得ません。具体例としては勤続年数の短い人が該当します。またすぐに今の仕事も辞めてしまうかもしれないと思われてしまうわけです。

生活面で安定していると思われる人は、多少返済が苦しくなろうとも今の生活を守るためには頑張って返済してくれるだろうと期待できます。逆に、生活面でしっかりした基盤のないような人は、いざとなればもしかすると行方をくらましてしまうようなこともあるかもしれないと思われてしまうわけです。

最後にこれまでのローン返済の面です。これは結局のところ、どれだけお金があって生活面で安定しているように思われても、お金にルーズな人は返済が遅れたりしがちであるということが理由になっています。逆に、多少苦しそうに見えても、真面目な人は返済だけはきちんとするものなのです。

申込時の入力方法で迷ったらコールセンターで確認

金融会社で申込をするとなると、データ入力が必要になります。ここ最近では、WEBで申込をしている方々も増えてきているようですね。 ところで申込をする時に、人々はたまに迷っているようです。どれを選べば良いか迷っている方も、たまに見られるのですね。 例えば職業欄です。人々の中には、無所得の方も見られます。パート勤めをしていない主婦の場合は、本人には収入はありませんね。またアルバイトをしていない学生も、本人には所得はありません。

ところで職業欄のプルダウンメニューを見てみると、専業主婦とは書かれていない事があるのです。そのような時には、無職を選ぶべきなのか迷ってしまう事も多いですね。学生も同様です。 それとフリーランスの方々なども、職業欄で何を選べば良いか迷う事が多いようです。フリーランスというプルダウンが無いので、どれを選べば良いか迷っているケースも少なくありません。

このような時には、やはりコールセンターに電話をするのは一番確実ではないでしょうか。そもそもセンターの方々は、申込者からの問い合わせを受け付けているのですね。上記のような職業に関する疑問があった時には、センターの方に電話をしてみると、適切なプルダウンを提案してくれる事があります。

もちろん職業だけではありません。入力する際にその他の項目で迷ってしまう事もあると思うのですが、その時にもやはりセンターに電話をするのが無難です。 何せキャッシングの申込時には、内容の正確性が求められます。間違った内容を入力すれば、それで申込がお断りになる事もあります。それはとても悲しいでしょう。それを避けるためには、やはりセンターに電話をして、項目を確認するのが一番無難ですね。

基本的にこの融資商品で何か迷いが生じた時には、センターに電話をするのが一番良いと思います。そのような方々の迷いを解消してくれるのが、金融会社におけるオペレーターのお仕事内容の1つだからです。

従来からの借金のイメージを払拭するキャッシングの魅力。

お金が足りないから借りる、これは何も最近のことではなく、昔からよくある話ですね。充分にお金があるのであれば、なにも借金までして都合することもないわけですから。足りないから借りるわけで、それで一時を凌ぐ。だからと言って、問題なないわけじゃない。借金というものは必ず返さないといけない。借りた後には返済が待ってるものです。業者などがら借入をすれば、借りたお金にさらい利息というものも発生する。返済できなければ、怖いお兄さんたちが取り立てにくる。借金にはそんなイメージがどうしてもあります。

この問題を解決するには、やっぱり安心なところから借入をするということ。今は前述のような、強引な取り立てはあまり聞きませんね。それは法的に改正されたことや、各業者もクリアで安全な業務をするようになったからでしょう。特に今、テレビのコマーシャルなどでしきりに宣伝してるような大手の消費者金融などは安心です。急な出費に困ったら、これら安心できる業者でキャッシングをするというのも手ですね。

こうしたキャッシングについて語るべき特長はなにかと言いますと、実際に融資を受けるまでの手軽さや速やかさではないでしょうか。このようなキャッシングを利用するときというのは、あとちょっとお金が足りないから、という状況が多いと思われます。だから、簡単で早いというのが最大の条件になるわけですね。今のキャッシングはそれらの条件を充分に満たしていると言える。

それから、この利点には、けっこうな魅力があるのだということもわかります。並べ立てればきりがないけれど、まず言えることは審査もかなり簡単だということ。もともとキャッシングは個人の信用でお金を貸してくれるのですから、そこには担保だとか保証人なども必要ない。個人の審査も、本当に簡単にできてしまう。今はインターネットを使った借入も多く利用されていますから、融資までにかかる時間もけっこう短縮されているのですね。 一寸先が闇のなかでも、こうした明るい情報もあるわけです。捨てたものじゃありませんね。

突然のボーナスカットでローンの支払いができなくなって

主人と一緒に頑張ってマイホームを購入したのが10年ほど前になります。まだ二人とも20代でしたし、周りに比べて早くマイホームを手に入れられたことで舞い上がっていました。とはいっても二人ともしっかり節約し、支払いに困ることはありませんでした。 しかし、不景気の風を受けて二人とも一気に収入が減ってしまいました。それからはボーナスから支払い分を出すことが多かったのですが、突然のボーナスカット。いずれボーナスもカットされてしまうだろうとわかっていたのですが、当時はボーナスに頼るしか無かったんですよね。かといって、このまま支払えないままですとせっかくのマイホームを失ってしまうことになります。そこで、キャッシング会社を利用しました。

無事50万円の審査に通りましたので、それを住宅ローンの支払いに使いました。消費者金融に申し込みをしたのは、支払いの3日前だったので本当に焦りましたが何とかなりましたね。 しかし、この後私たち夫婦はキャッシングにのめりこんでしまいました。限度額を上げないかといわれた後から、ちゃんと信用があるんだと思い油断して多めにつかってしまったように感じます。一時期は生活費のために手を出そうかと悩むくらいで、完全に気がゆるんでしまっていました

結局最初は50万円だったのですが、100万円の限度額まで後10万円というところになって、ようやくこのままではまずいと思いました。節約をさらにしっかりして、私の会社はもう駄目だということがわかっていたので退職して新しい職探し。私の新しい仕事が決まるのと同じくらいのタイミングで主人の会社も持ち越しました。新規事業に参入したのですが、こちらが成功したことでわりと安定した良い会社になったと思います。ボーナスも復活しました。 一時期は本当にピンチでしたが、今は毎月の給料からしっかり支払いをしてボーナスは貯金をするように。キャッシングの分も残債は20万円くらいになりました。

キャッシングについての知識と今後の利用について

キャッシングとはクレジット会社や、消費者金融からATMという機械を通してお金を貸りるということです。昨今ではよくCMにもあるように、若者でも気軽にお金を借りられてしまいます。しかしキャッシングとはカードローンと決定的に違う部分があります。それは、返済方法です。複数回に分けて返済するカードローンとは違い、キャッシングとは一括で返済しなければなりません。

また、最近ではインターネットでの申し込みをして、その日に振り込まれるというサービスもあります。急にお金が要りようになった時などは便利かもしれません。また、無利息期間を設けてあるキャッシングもあるようです。自分に合ったキャッシング会社を選びたいものです。 キャッシングの大きな利点は、やはり手軽さです。通常お金を借りる際には保証人を立てたり、持ち家を担保にしなければならないケースが多いのですが、キャッシングではその必要がありません。面倒なことをすることなく、お金が借りられるのです。

キャッシングの審査は、免許証やその他顔写真付きの身分証明書、それ以外では現在の所得証明書が必要になる場合があるので、それらを準備し提出します。後は本人情報と照らし合わせるだけなので、審査にそんなに長い時間はかからないのです。 融資する時間が早ければ良いというものではありません。無人契約機やインターネット、店頭などが比較的早く融資を受けられるようになっていますが、やはりそこはじっくりと自分自身で検討するなどして選んだ方が後々後悔するようなことがないかもしれません。
融資を受けれるからといって、身の丈に合わない融資額を申し込んでしまうともちろん後々に響いてきます。クレジット会社でも消費者金融でもやはり気をつけておかなければいけない一つだと思われます。 お金を借りることに関して嫌悪を持つ人もいるかもしれません。しかしそんな世間の知らない人達の目など気にしないことです。だからといって、どんどんお金を借りることを勧めているわけではありませんので、その辺りは計画的な利用を心掛けることが大切だと思います。

こんな活用法があるのですね・・・とても利用価値あると思います。

専業主婦の私は自分が自分のためにお金を借りるなんて…と思っていました。が、配偶者である主人が逆に進めてくれたのがきっかけで利用をしました。
育児に疲れ切っていた時に、余裕資金があるわけでもなかったのですが主人の配慮でした。 私をリフレッシュさせようと思ってくれて、金利が掛からない時期がある「無利息期間」のある金融機関からの融資を受けないか?と提案してくれたのです。 疲れてすっかり笑顔が消えた私を目の当たりにしての、主人の見解でした。

そこで、数社調べてくれて、一番利用しやすいと思った金融機関で専業主婦でも借り入れが出来るという金融機関にて、キャッシングを利用しました。 私も、かなりリフレッシュが必要でしたので、こうした金融機関があるのであれば、利用しようと思ってキャッシングを使わせてもらいました。

豆知識として、お金を借りると必ず金利が付きまとうと思っている方もきっと多いはずですが、実はこうしたサービスも展開されているのですね。 まして、専業主婦でも利用可能ですから有難い話です。 専業主婦だと、どうしても自分の働いた金銭でないので、贅沢はしにくい所ですが実は専業主婦の対価は年収にして700万円以上にもなるというのです。 専業の方も、自分へのご褒美としてお金を利用して経済を回してもいいのではないでしょうか?

もし、今後キャッシング等をご利用してみようと思っている方がいましたら、自分に合った金融機関の選択をしてほしいです。 今や、金融機関の数は膨大な数になりますが、返済計画を検討する上でも返済しやすいという点は実に大切なポイントになるのです。 小さい事に感じるかも知れませんが、ATMの利用のしやすさってポイントです。 近くにある事も必須ですが、ATMの利用手数料が無料という点も地味に大切な観点であります。利息の他に、こうした手数料も塵も詰まれば大きなお金になります。 スムーズな返済計画で、スムーズに返済を完了させたいものです。

銀行が扱っているカードローンというのは…。

キャッシングの申し込みがあると、貸金業者サイドは申込をした方の個人信用情報を確認し、そこに新規申込があったという事実を足すのです。キャッシングをしても、それ以外のローンはまったく利用が困難になる等という事はありません。幾分影響することがあり得るという程度だと思います。他の業者でもうキャッシングで借入金があるといった人が、それに加えて借りる場合、どこの金融業者でも手際よく借り入れできるとは断定できないということを把握していてください。即日キャッシングと申しますのは、申込日のうちに希望の額を借りることができるので、基本的には金融機関の営業後の深夜に申し込みを完了させておいたら、翌日の午前中には審査の結果が届けられることになります。お金を返す場面でも、銀行カードローンは手が掛からないというのも魅力のひとつです。そのわけは、カードローン返済の場面で、他の銀行などのATMは当然のこと、コンビニATMからも返済できるからなのです。

「ご主人の収入で申し込み可能」や、専業主婦に絞ったカードローンというのがある銀行等も存在しています。「主婦も歓迎!」などと説明されていたら、大体利用することできると考えられます。学生に絞ったローンは金利も抑えられており、毎月の返済額というのも、学生でもちゃんと返済していけるはずの計画になっていますから、二の足を踏むことなくお金を借りることができると考えます。名前としては「即日融資ができるキャッシング」となっていようとも、どんな条件下でも当日中に審査まで完了するということを意味するものではないということに気をつけなければいけません。即日融資を希望するなら、実店舗の窓口での申込、無人契約機経由での申込、WEBからの申込が必要なのです。

ネットを利用したキャッシングにおける一番のウリは、申込の後の審査の可否が短時間でわかることだと言えるでしょう。ですから勤務中でも、少しの時間を作って申込を終えることができます。大部分の銀行系金融機関のローン返済方法といいますのは、消費者金融とは異なり、期日に間に合うように借り入れ人が返しに行くという必要はなく、毎月同じ日に口座引き落としされます。即日融資で貸してもらうという人は、やはり審査に要する各種書類を揃えなければいけないのです。身分証のみならず、今の収入金額が記されている書類のコピーなどを準備してください。地方にある中小のキャッシング系列といわれるローン業者ということになると、二の足を踏むのは至極当然のことです。そうした局面で助けになるのが、その業者に関してのいわゆる口コミです。銀行が扱っているカードローンというのは、融資の際の総量規制の対象外となるものです。というわけで、借入れ額が多くなったとしても不都合が生じることはないでしょう。借りる場合の最高額を見ても500万円~1000万円と、十分と言える金額だと思われます。前に支払いの期日が過ぎてしまった経験をお持ちの方は、その分審査通過が難しくなるというケースも多いです。言い換えれば、「支払い能力欠如」ということなので、手抜きすることなく判定されるはずです。