為替取引で長期運用するならSBIFXトレードが最適

By: tdlucas5000

資産運用の中でも為替取引は短期トレードでも長期トレードでも利益が狙えるということで多くの方がに愛用されるようになってきております。特にSBIFXでのトレードに関しては、デイトレードなどの短期取引が注目されている中でスワップポイントによる利益を狙った中長期的な取引も注目されてきておりますので、為替取引によって長期的な資産運用をしたいという方にも最適な方法となっているのです。

FXトレードにおいては為替の変動を利用して利益を得るという方法がメインとなっておりますが、特に中長期的な取引で資産運用したいという方にとっては、金利差益によって発生するスワップポイントが大きな利益になってくると言われております。

FXトレードで得られるスワップポイントは毎日付与されるものであり、トレーダーの方は利益として受け取ることもできますし、証拠金として再投資することもできるようになっておりますので、自分のトレードスタイルに合わせて運用することが可能になってくるのです。

一般的にスワップポイントで得た利益を再び証拠金として再投資していく方法を複利運用と呼ぶことがありますが、こうした福利での運用をしていくことで、スワップポイントとして得られる利益も運用期間中に大きくなってきますので、実質的に資産を増やすということに繋がってくるのです。

日本では長期間にわたって低金利時代が続いてきておりますが、世界には高金利通貨も多数存在しておりますので、FXトレードで長期運用していくことは非常に資産運用として効率的な方法であると考えることができるのです。

スワップポイントを複利運用で活用していくことは、高金利通貨の買い増しにもつながってきますし、再投資という観点から見ても非常に好都合であると考えることができるのです。中長期的な運用でFXトレードを行いたいという方は、スワップポイントや高金利通貨に関して比較検討してみることが大きな利益に繋がると考えられます。

スワップポイントで利益を得ることができるFX

By: Melissa

私たちが生活する世界には様々な通貨が存在しており、それぞれの為替通貨に対して金利が設定されていることは皆さんもご存じであると思います。その中でFXにおける通過トレードではこの金利差を利用して利益を得るということも可能になっており、FX利用者の方は通貨のトレードをしている間にスワップポイントとして受け取ることができるのです。

このFXトレードで利用されるスワップポイントと呼ばれるものは金利差によって発生する利益でありますので、日本のような低金利通貨で高金利通貨の取引をする際には金利差益も大きなものになってきますので、為替レートの変動による利益はもちろんのことスワップポイントでも大きな利益を得ることが可能になってくるのです。

スワップポイントは高金利の通貨のポジションを保持している間ずっと受け取ることが可能になりますので、比較的中期的あるいは長期的な運用としても活用することができる存在となっているのです。一般的にFXトレードというと短期的なデイトレードが注目される存在となっておりますが、長期的なスパンで資産運用するという点でも大きなメリットを持っているのです。

また、外貨預金では世界的に見てもメジャーな通過しか扱われないようになっており高金利な通過を見つけることが困難になっておりますが、FXに関してはマイナーな通貨もトレード可能になっておりますので、国際的な目線で見ても高金利な通過の取引が可能になっておりスワップポイントも得られやすい環境が整備されていると考えられます。

FXの取引に関しては短期トレードが大きな注目を集めるようになっておりますが、スワップポイントを狙った長期取引も大きな魅力を持っている存在となっておりますので、外貨通過などで思ったような利益が得られていないという方はFXトレードにおいて長期的な取引にチャレンジしてみるというのも魅力的な外貨取引方法につながるものであると考えられます。

24時間絶えず取引が行われているFXの楽しみ方

By: Anders Ljungberg

投資では証券会社や銀行が受け付けている時間帯しか取引が成立しないということもあって、時間的な制限が非常に大きなハードルとなってくると考えられます。しかし外国為替市場においては時差の関係もあって一日24時間いつでもどこかのマーケットが開かれていることになりますので、平日であればいつでも取引に参加できるというメリットがあります。

ただFX会社の多くが休業となる土日や祝日に関しては取引窓口がない状態になってしまいますので、平日の24時間いつでも取引ができるということで、他の投資分野と比べてみてもFXは非常に柔軟性を持っているものであると考えられるのです。

またFXのトレードにおいては単一のマーケットが24時間開かれているというわけではありませんので、マーケットが開かれている時間とその時間帯に取引ができる国の通貨をしっかりと把握しておくということが基本となってくるのです。

取引をする際に国が変われば通貨も変わってきますし、経済事情も大きく変動してくるものでありますので、私たちFXトレーダーはただやみくもにトレードをするのではなく世界の経済情勢をしっかりとつかんだうえで取引に参加していくということが大切になってくるのです。

FXトレードに参加する時間帯によって、FXの戦略も大きく変わってくるものでありますし、売買の内容も変えていくことで利益を狙いやすくなってくると考えられます。マーケットによっては為替変動が活発になる時間帯と為替レートの変動が緩やかな時間帯が存在するようになっておりますので、自分のFXトレードのスタイルに合わせた戦略や戦術を習得するというのも利益追求においては欠かせない内容になってくると考えられます。

FXの取引においては24時間という長い間隔で取引に参加するチャンスがありますので、昼間働いている方でも夜働いている方でも、さらには専業トレーダーの方でも十分に楽しむことが可能になってくるものであります。

FXトレーダーが夜型生活ににならないためのポイント

By: Steve Johnson

FXにより生活が乱れてしまうことがあるので、副業としてFXをしている人は気をつけていないといけません。それではFXで規則正しい生活をするのなら、どういうふうなFXとのつきあい方をこれからすればいいのでしょうか。まず、どうしてFXは夜型生活になりやすいのでしょうか。

というと、取引しているユーロやアメリカドルの市場はヨーロッパやアメリカにあり、日本との時差は十時間前後します。人間十時間時間が異なれば、寝る時間起きる時間はぜんぜんそれは違います。つまりヨーロッパやニューヨークのマーケットはずっと朝方まで続きますから、FXを続けていくと朝まで徹夜ということもあり得るはなしなのです。

日本のマーケットは夕方には終わりますが、他国のマーケットと続いていくとずっとFXは活動していることになります。それではFXで規則正しい生活をするには、どのようなことを気を付ければいいのでしょうか。それは、まずとしてFXをしていて海外の市場が開いていても早めに切り上げるという習慣をつけることが大切です。

儲ける幅がまだまだ伸びそうなとき、もう少しこのまま見ていたいという気持ちが強くなります。なのでFXはある程度の儲けが出たら、安全のためにも早めに手仕舞いするということもあっていいのでしょう。また、でも利益は最大限えたいというのなら、為替予約をしていくのも一手かもしれません。

為替予約をしておけば安全のためにもいいですし、もちろん利益の面でもいいかもしれません。またしかし、為替予約でスリッピングもありますし為替予約が効かない相場もあるので、そこは気を付けるに超したことはありません。FXはリアルタイムと為替予約の二つの派閥があるでしょうが、FXで日常の時間を狂わせないためには、徹夜をしないことです。そしてそのためには、FXトレーダーにはそれには早めに手仕舞いするということか、為替予約を使用するのかということのどちらかが好ましいでしょう。

米雇用統計発表まであと7時間ほどある。緊張感が漂う相場

By: Osamu Kaneko

東京時間午後になるとニューヨーク時間に発表される米雇用統計の各社予想が入ってきました。もうこの時間から始まるんだなと実感し始めた。失業率予想は5.3%と5.4%が多数。多くが似たような数字を出しています。平均時給の予想は+0.2%と+0.3%が多数。そして一番注目の非農業部門雇用者数の予想は、こちらは会社によってバラつきがあります。多いところで+24万人、少ないところで+20万人を見込んでいます。刻々と近づいてくる大イベントへの緊張感が米ドル円の膠着している状態に見事あらわれています。

他のクロス円も大人しくしている。リスク回避になることもなく、この水準で時間を迎えるんだと意気込んでいるように見えます。こうなったらますます私はポジション傾けられないよ。どっちにも行こうとしないからわからないもん。お楽しみのトレードはニューヨーク時間で。そのつもりだけど、出来るかどうかはその時になってみないとわからない。私は本日トレードすることが出来るのか?わからないのって怖い。とにかく発表を聞かないと今日が終わらないから本当ドキドキだよ~。

非農業部門雇用者数という名の指標、威厳のある感じに聞こえるけど実際もすごい指標。米国の中でも注目度ナンバーワンです。これを聞けば米国の経済がわかってしまう。この指標、私の中に相当浸透しているけど、すごい指標だというだけで詳しくはどんなものなのか調べたことはありません。クロス円が大人しくしている間、時間があるから調べちゃうよ。非農業部門雇用者数は、農業者以外の雇用者の増減を示す雇用統計の1つです。事業所調査による米国の非農業部門に属する事業者の給与支払い帳簿をもとに集計された雇用者数で、農業者以外にも経営者や自営業者はカウントされません。だけど、これを聞けば米国経済がよくわかるので注目度が高いです。調べるとすごいのを見ちゃった。過去発表された非農業部門雇用者数のデータが残されている。リーマンショックの頃からのがある。

9月の利上げ観測を強くしたISM非製造業景況指数

By: Pierre

前日のニューヨーク時間に発表されたISM非製造業景況指数[総合]-7月の市場予想は56.2となっていました。結果は、60.3と遥かにいいです。前回は56.0でした。このISM非製造業景況指数を見るポイントで注目したいのが50という数字で、50を上回るか下回るかです。50を上回れば景気がいい証拠で、下回れば景気が良くないという証明になります。前回が56.0で今回が60.3ならば伸びていますし、絶好調です。米ドル円のレートをチェックするより前に結果を確認してしまいました。

この指標は利上げするかしないかというところに大きく関わってくるそうです。過去に50を下回ったとき、確実に利上げが行われていません。利上げの鍵を握る大事な指標だとわかります。60を超えている好結果なら米ドル円は買われたでしょうと思いました。市場予想といい方に乖離があるから上値を伸ばしてもおかしくないです。早速確認すると、やっぱり。ニューヨーク時間に入ったときに124円前半を推移していた米ドル円は21時30分に連続陽線で上昇しています。

ISM非製造業景況指数の発表があった23時よりも早い上昇でした。21時30分は別の指標が発表されたのを覚えています。何の指標だったっけ?貿易収支-6月です。貿易収支も大事な指標の1つです。こちらは市場予想が-430.0億USDで、実際の結果が-438.0億USDです。発表後、124.13から息の長い上昇が始まり、ISM非製造業景況指数の発表前には124.61まで到達。発表後はさらに上値を伸ばし、23時55分には125円にタッチしています。今回の米国の指標は想像以上の結果だったのでびっくりしているし、金曜日の雇用統計にも期待しました。利上げ観測、今回のことで高まったみたいですね。そして本日の日経平均は+154円の20768円で、前日よりも大幅に続伸しています。理由は、発表された指標から米国経済の先行きを好感したことで9月の利上げ観測が強まったことです。