仮想通貨の取引所比較ブログについて

私は仮想通貨ブログをよく見ているが、若干紹介している取引所が違うことに気がついた。まぁ、色々な意見があってよいとは思うが手数料比較などで紹介するところはいっしょにならないとおかしい。数値を比べれば一目瞭然なのであるから、結論が合わないのはどうだろうと思った。そのブロガーの調査が足らないのか、または別の理由があるからなのかはわからない。

たとえばリップルをお得に買いたい場合は多くのブロガーがいうようにビットバンク(bitbank)であろう。たまにコインチェックなどや海外取引所を紹介しているが、初心者に海外取引所はハードルが高いし、コインチェックは現在取引を中止している。ようは無理やり紹介しているか、情報の更新をしていないことがあるのだ。仮想通貨は最新のテクノロジーであり、アップデートが頻繁にされるため情報が変わることが多い。そのため過去の情報のままにしていると間違いが起きるのでユーザー側からすると迷惑な話だ。

そんな中しっかりブログ記事を書いてるのが「仮想通貨ドリーム」だった。記事の内容が分かりやすく、最新の情報を追記して更新をしっかりやっているため参考になる。ブロックチェーンとはの記事やlisk、モナコインの記事は特に読みやすく、気づくと最後まで読んでいた。スマートフォンで見ても読みやすいため是非参考にしてほしい。他にも分かりやすいブログはあるが専門用語が多く、初心者にはわかりにくかったり、読むことをやめたくなったりする。余計な広告がないのも嬉しいところだ。最近はどこでも広告が目に入るため慣れてはいるが、すっきりしているのは好感が持てる。

取引所のアカウントを作りたい場合は、とりあえず作るという手もある。維持費はかからないし、気に入らなかったら使わなければいい。住宅ローンなどへの影響もないので安心してほしい。比較ブログに頼りっきりにならずに自分で開拓していくのも面白い、もっともそれだけの時間がある人でないと難しいかもしれないが。

最後にどういうブログ、サイトが信用できるかという点も気にしてほしい。しっかりメリット・デメリットが書いてあり、一貫性があるサイトこそファンが自動的に付くはずだ。時間はかかるが、そういう視点でサイトを選ぶことを強くおすすめする。

4位、5位の仮想通貨について

4位 ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは名前の通りビットコインからハードフォーク(分裂)したコインです。総発行数とプルーフ・オブ・ワークはビットコインと全く同じです。2017年8月1日に分裂したのと同時にビットコイン保有者に対し同じ量のビットコインキャッシュが配られました。ビットコインのブロックサイズが1Mに対し、ビットコインキャッシュのブロックサイズは8Mと大容量である。さらにビットコインキャッシュは32Mまで拡張が可能であり、より多くの取引が処理できるのが特徴です。そして送金手数料が比べ物にならないぐらい安く1円~6円ほどで海外送金が可能なためBtoBで導入する企業も出てくることが考えれる。

分裂の大きな理由としてビットコインの送金詰まりが挙げられる。マイニングプール「viaBTC」が舵を取り、新しいビットコインを作ろうとしたのがきっかけだ。ビットコインキャッシュ派としては時価総額でビットコインを抜きたかったが、ビットコインは世界の基軸通貨となっているので、そう思惑通りにはいかなかった。しかし2017年末には40万円を超える価格付き、その後は徐々に下がり2018年3月では10万円前後の価格を推移している。

5位 ライトコイン(LTC)

ライトコインはビットコインキャッシュの考え方に似ている。ライトコインはビットコインのブロック生成時間を0.25倍、4分の1に短縮し、総発行数を4倍の8400枚に設定した。ライトコインは仮想通貨の中では比較的早く誕生したという背景もあり、コミュニティもある程度出来上がっているため価格上昇に結びついたのだ。開発者のチャーリー・リー氏はゲームが好きでTwitterでもマリオカートのスクショを載せるぐらい趣味が分かりやすい。こういったアピールは若者ウケがよく、ファンがついたことも考えられる。また自身で保有していたライトコインを売却し、ポジティブトークはしないという宣言までしているところは面白い。

最近ではライトペイなるサービスを開発し、お店側が法定通貨へ換金する手間がなく売上を銀行口座で受け取れるのだ。ライトコインはアメリカで人気があるが、このサービスが2018年普及すればライトコインは最高価格を上回る高騰が予測できる。しかし現在立場はビットコインキャッシュの上な気がするのは私だけであろうか。時価総額でもTwitterでもよく耳にするのはビットコインキャッシュである。どちらもシンプルな構想であり、決済手段のみの機能であるからこそライバル関係になりやすい。

まとめ

どのコインが今後選ばれていくのかはとても興味深いが、投資家としてはヒヤヒヤすることも多々ある。かつてあった小売店や飲食店にどのクレジットカードを決済手段として扱うのかにとても似ている。仮想通貨は仲介手数料がほとんどかからないためお店が導入しやすいメリットはある。東京でも少しずつであるが仮想通貨決済ができるお店が増えている。大手リクルートも自社のインフラと組み合わせてビットコイン決済を導入しようとしてる。この現金大国日本で仮想通貨決済がどこまで普及するのかは専門家からすると簡単に予測できるのかもしれない。

時価総額が高いアルトコインについて

引用元:coinmarketcap.com

 

時価総額が高い仮想通貨TOP5を紹介します。

1位は当然ビットコインですね。「Market cap」と書かれている項目が時価総額でビットコインが圧倒的に買われて保持されているのがわかります。2位のイーサリアムでと比べてビットコインは約3倍ほどの額です。日本の取引所ではアルトコイン購入時に日本円で買うことができますが、海外の取引所では法定通貨でビットコインを買わないとアルトコインを購入することが出来ません。そのためビットコインが基軸通貨として成り立っているのです。

第2位のイーサリアム

イーサリアムはビットコインの取引量が多くなった2017年10月~12月に送金づまりが問題化しました。そのため投資家やICOをしたい開発者はイーサリアムを資金集めの通貨として選択した背景があり、価格も上昇しやすくなったのです。イーサリアムは自前のブロックチェーン上に分散型アプリを誰でも開発できるのが最大の武器です。大ヒットアプリ、クリプトキティーズでは仮想猫がETHで売買できるという斬新さでユーザーにウケたことから、イーサリアム過価格も高騰しました。またイーサリアムではアプリを稼働させるのにETHを使います。車でいう燃料のイメージに近いため「Gas」と呼ばれています。

開発者は当時19歳であったヴィタリック・ブリテンという若者でした。彼は現在23歳になりイーサリアムの開発を勧めています。子供の頃から数学や経済学に強く、さらにプログラミンも学んでいました。彼は17歳のときにはじめてビットコインを存在を知り、徐々にその魅力にのめり込んでいきました。

第3位のリップル

リップルはイーサリアムのように分散型アプリを作ることはできませんが、世界の金融インフラになろうという壮大な計画があります。リップルは通貨はXRPという単位で数えられます。ビットコインを作ったサトシ・ナカモトの構想にあった国際送金を安く、且つ速く行うという目的をリップルはさらに加速させ仮想通貨で中でナンバー1を狙う国際送金用の仮想通貨として世界各国の銀行と提携をすすめています。日本ではSBIホールディングスが中心となり、各銀行にリップルのシステムの役割を伝えています。

このシステムが出来上がることで驚異に感じるのは銀行です。現在は銀行はリップルのシステムを受け入れ、人員削減などの大改革を行っていますが、本来銀行がいらなくなるような仕組みなのです。もっといえば将来、現金がいらない世界がやってきます。銀行の主な役割は一般人の資産を預かるのと、企業などにお金を貸すことです。仮想通貨ではICOという資金調達方法があり、銀行を通す必要がありません。ICOはまだ出来たばかりのシステムですので、まだまだ問題がありますが、いずれ完成を迎えれば銀行から借りる社長がいなくなる日が来るかもしれません。

ちょっと長くなってしまったので今日はこのへんで。。

仮想通貨ドリームはあるのか?宝くじより勝てるのか

誰もが仮想通貨でお金持ちになる夢を見てビットコインなどに投資をしています。仮想通貨はよく投機だと言われますが、半分そうで半分は投資でもあると思います。もちろん短期的に稼ぐスキャルピングのようなトレーダーは稼ぐことしか興味がなく、その銘柄の深い部分まで知ろうとはしないでしょう。逆にコアなファンはその通貨の仕組みを勉強し、これは価値が上がると信じて買い増しを行っています。

短期トレーダーとは

冷静に稼ぐことだけを考えると前者の短期トレーダーの方が確実に稼げます。しかしこれは資金がある程度ないと難しいのです。例えば10万円分のリップルを買って10%分価格が上がり利確したとします。儲けは当然1万円ですよね。投資額が100万円だったらどうでしょうか、10%でも10万円稼ぐことが出来ます。もちろんリスクは上がりますが、資金が多い方のが効率的に稼ぐことが可能です。

資金が少ないからといって諦める必要はありません。NEMやリップルなど価格が安い仮想通貨は少ない資金で枚数を多く買えます。枚数が多ければ多いほど高騰したときにリターンは多くなります。2017年はこういった0.1円以下のコインを買って稼ぐ方も多くいました。しかし最近は相場が冷えているので、なかなか難しい状況です。

レバレッジ取引

基軸通貨であるビットコインは暴落したとはいえ、80万~110万あたりを動いているので稼ぐチャンスはあります。またビットコイン価格が下がっている時でもショートというレバレッジ取引を行えば高いときに売って、低いときに買うという面白い買い方が出来ます。現物取引ではありえない買い方です。上級者はこのようなFX取引を頻繁に行いトータルで買っている方もいます。しかしこれはとても難易度が高い取引ですので、初心者はまず手を出さない方が賢明です。

まとめ

仮想通貨ドリームはないともいえません。長期的に見ればまだまだ伸びる通貨も出てくるでしょう。特に開発途中のliskや、Dappsで成功しているイーサリアム、またイーサリアムの中国版NEOなどには期待が集まっています。2018年は決済手段として選ばれる通貨と、付加価値があるコインが伸びてくるのではないかと、おっさんは考えています。国内ではNEM盗難事件を受けてブロックチェーン協会を中心にセキュリティの強固に力をいれています。ユーザー数が伸びれば板もかつてないほどの盛り上がりを見せることでしょう。みんなが笑顔になれるような相場を期待しています。

ビットコインの暴落について賢く考察

仮想通貨が暴落したのはビットコインだけではありませんが、今回はビットコインだけに絞り考察していきます。

なぜ200万円まであがったのか

2017年年末は1BTC価格が200万円以上になり、誰もがまだまだ上がっていくことを予想していました。これは海外のインフルエンサーたちや大物投資家、アメリカの金融関係者などがポジショントークで将来ビットコインは300万円になる、500万円になるなどの意見が飛び交いました。もちろん否定的な意見もあり、2チャンネル創設者で有名なひろゆき氏もビットコインは価値がなくなるなどの話をしていました。

俗にイナゴと呼ばれる、高騰時に僕も私もと買いが強くなりこの価格まで登り詰めたのが一番の理由でしょう。またビットコインは海外取引所では基軸通貨であり、まずドルなどの法定通貨でビットコインを買います。そのビットコインでアルトコインと交換するのが海外取引所の特徴です。最近ではイーサリアムもこの傾向が強くなってきましたが、主導権を握るのはまだ時間がかかります。

coincheckのNEM盗難事件がビットコイン暴落に拍車をかける

2018年1月26日にビットコインなどを扱う取引所のcoincheckはハッカーにNEM580億円分を盗られるという事件が発生しました。このとき長く仮想通貨投資をやっていた投資家たちは誰もがマウントゴックスが頭をよぎったことでしょう。マウントゴックスとはかつてあった取引所の倒産です。私も資産をいくらか預けていたので半分諦めていました。

しかしcoincheckの会見で少し低いレートでいずれ投資家に補償するとの発表があったものの世間的には、仮想通貨は危なすぎるという印象しか残らず。多くの投資家が退場してしまい暴落を加速させました。

まとめ

2018年月に入りビットコインは80万円に前後になると、久しぶりに進行方向を変え100万~110万前後まで上昇しました。大口で購入できる投資家たちからすると80万円は買いだ!と思ったのでしょう。こうしてビットコインは少しだけ息を吹き返したのです。2018年はイーサリアムやリップルが時価総額でビットコインを抜いてくるかが楽しみです。

ビットコイン取引所とは?どうやって買うのか

話題のビットコイン触れてみたく調べてみたので記録代わりにまとめていきます。

ビットコイン取引所とは

ビットコインを購入するには取引所でアカウント作成する必要があります。取引所とはユーザー同士の売買の仲介役になったり、ユーザーの資産を預かる銀行の役目も果たしています。取引所によっては株のように先物やFXをすることが可能です。有名で人気の取引所はbitFlyerで、主要銀行から資本金を41億集めたことでも有名です。

最近ではビットコインのCMを見ることも多くなり、ローラが出ているDMMビットコインも印象深いです。これだけCMを打つということは競争が厳しくなってきたということでしょう。手数料のなどのサービス面がもっとよくなると良いですね。ビットコイン購入だけを考えるとZaifという取引所も評判のようです。わずかながらとはいえマイナス手数料というのは嬉しいサービスですね。このようなサービスは他では見当たりませんでした。

ビットコイン購入の仕方

自分の銀行口座から、ビットコイン取引所の口座にお金を振り込む必要があります。大手の取引所ではコンビニ入金も可能です。入金が完了すれば、あとは簡単に購入することが出来ます。専用のスマートフォンアプリがありますのでダウンロードすれば、チャートも確認できますし、資産が増減チェックなど一通り機能は揃っています。購入する際は数量を決めて、購入ボタンを押すだけで完了します。いとも簡単に買えてしまうので、はじめは怖さすら感じない方もいるでしょう。

注意したいのがFXです。初心者がいきなりやろうとしても注文方法がわからないので問題ないと思いますが、知識が付いてくるとつい挑戦したくなるのが人間ですね。ある程度なれないと損をするだけなので、どうしてもやりたい場合は専門書である程度の知識をつけることは必衰と言えます。

まとめ

ほとんどの方ははじめに買うのがビットコインじゃないでしょうか?買いたい方に参考になれば嬉しいです。仮想通貨投資は自己責任です。必ず無くなってもよいお金でやってください。そんなお金があるだけ羨ましいですが笑

カードローンの借り換えについて

カードローンでは借り換えということを検討しても良いでしょう。この借り換えというのは何かというと、複数のカードローンで借入をしている人が、それら複数の借入の合計金額にあたるお金をある一つのキャッシング会社から借り入れ、それで今までの複数の借入の全てを返済することを指します。つまり、残るのは新たに借りた一つの借入だけということになります。合計金額に当たるお金を借りたのですから、少なくともその時点では、借入金の合計額は変わりません。どうしてこのような借り換えを検討する余地があるのかと言いますと、一つには利子負担の軽減です。カードローンというのは、小口で借りるほど金利が高くなります。例えば、多くのカードローンでは、10万円以下の借入では金利は20%程度です。これが10万円を超えてくると18%程度になります。さらに、100万円を超えてくると15%程度になります。もちろん個人個人によって、あるいは借り入れる金融機関によっても差はありますが、とにかく小口で借りると金利が高くなるのが一般的なのです。

ですから、合計金額は同じであったとしても、それらをまとめて借りるのと、小口に分けて借りるのとでは金利が違います。つまり利子負担が軽減されるのです。仮に合計50万円を借りているとして、複数あるカードローンの平均金利が18%、同じく50万円でもそれをまとめて借りたときの金利が16%とすれば、その差は2%となります。50万円の2%は1万円に当たりますから、年間にして1万円の利子負担がただ借り換えするだけで軽減されるということになるのです。また、もう一つの隠れたメリットとして、毎月の返済の回数というか、引き落としの頻度が減るということもあります。複数の借入をしていると、当然ながら返済も複数回やってきます。その都度返済を行わなければなりません。忘れることも起こりやすくなります。それを一つにまとめることで分かりやすくなるメリットもあります。

カードローンの申し込みに不可欠な在籍確認

カードローンをする時にも決められた審査が行われますが、その一環として欠かせないのが在籍確認です。カードローン会社の担当者が、申込書に記載された勤務先に電話をかけて、本当に在籍しているかどうかを確認するのが在籍確認です。しかし、申し込む側としては、いったいどんな電話をかけてくるのか非常に気になるところなのではないでしょうか。カードローンに申し込んでいることがバレてしまうのも嫌だし、不審な電話が勤め先にかかってくるようでは困ってしまうでしょう。でも、そんな心配はいりません。カードローン会社は、これから長年お付き合いすることになるかもしれない大切なお客様が不愉快な思いをすることがないよう、細心の注意を払って電話してくるのが普通です。

まず、カードローンに申し込んだことはバレることはありません。何故なら、会社名は名乗らずに個人の名前で電話をかけてくるのが普通だからです。これなら、電話を受けた人もまるで友人が勤め先に電話しているような印象を持つことでしょう。そして、本人がその場にいれば電話は取り次がれ、ごく簡単な確認をしただけで電話は終了します。しかし、そうなると、もしもいなかった場合はどうなるのか心配になってくるのではないでしょうか。カードローン会社としては、本当にその会社に在籍しているかだけを確認するというのが狙いです。もしもたまたま不在であれば、どこに行っているのかは確認しなければなりません。例えば、「ただいま業務で外出しているので1時間後に戻ります。」などいう返答を得られれば在籍しているということになるわけです。そして、万が一、このようなやり取りから不信に思ってカードローン会社の担当者が問いつめられるような事態となっても大丈夫です。担当者は百戦錬磨なので、するすると切り抜けて無難なやり取りのみで電話を終わらせられるテクニックを身につけています。つまり、在籍確認はそれほど心配するようなものではないのです。

カードローンの金利を少しでも抑えるには

借入をするときに何より気になるものは金利です。特にカードローンは少額から高額な金額まで借りることができ、原則として好きなときに利用できることからより金利に敏感になっておかなければ、少し損をしてしまうこともあります。カードローンの金利を抑える方法は次の3つです。

1つめの方法としてそもそも金利設定が低い金融機関から借入をするということです。最近では地方銀行からメガバンク、ネット銀行まで様々なタイプのカードローンが用意されています。地方銀行でも全国どこの人でも利用できる低金利のカードローンがありますし、ネット銀行では何らかのサービスを利用することを条件に店頭金利よりも引き下げた金利でローンを利用できるものもあります。

また利用すべきは銀行だけではありません。消費者金融でも、最近では銀行顔負けの金利プランを提供している会社もあります。また初回の利用に限り1ヶ月程無利息の時間を設けているキャンペーンなどもあるので利用しない手はありません

2つめの方法として、自分の信用情報をなるべく綺麗にしておくという手があります。よく掲示されている利息が数パーセントから15%近くという幅のあるローンで、かつ利率は総合的に判断して決定されます等という文言があるローンを借りるときに有効な方法です。

こういったローンの場合、信用情報や年収や勤続年数といった属性が良ければ良い程に大きな金額を低い利率で借りることができます。年収や勤続年数などの情報に嘘をつくわけにはいかないので、個人信用情報を綺麗にすることを目標にしましょう。具体的には、絶対に支払いを延滞しないことです。特にカードローンを申込み3ヶ月前は延滞は避けるべきです。これ以外に、利用していないクレジットカードは解約することもあげられます。

3つめの方法として、借りたお金をなるべく早く返すことがあげられます。上記の方法を使って、さらに返済すべき期間を短くすれば鬼に金棒です。これら3つの方法をうまく利用して負担を少しでも抑えましょう。

カードローンの借り換えで注意すべきポイント

カードローンの借り入れが2社、3社と増えていくと、いわゆる多重債務状態となります。多重債務状態となると、返済金額が増えるのはもちろんのこと、ATMで返済する場合などは物理的にも時間をとられることになり大変面倒になります。ここに着目したのが、借り換えローンやおまとめローンといわれている金融商品で、複数の借金を1社にまとめることで、毎月の返済額はほとんどのケースで少なくなり、物理的な問題も解消され、また、多くの場合には金額が大きくなるため適用金利も下がることになります。

ここだけ見ると、都合の良いことばかりで、多重債務者は救われますし、カードローン業者も利益を上げられるというWin×Winの話のように思えるのですが、世の中はそう簡単にはいきません。まず、カードローン業者が、そう簡単に多重債務者に大口の融資をするのかという問題があります。つまり、審査が通らないという問題が出てくるわけです。個人差や借入金額にもよりますが、一般的には、4社、5社となるとほぼ審査に通ることは難しくなります。大手消費者金融が公表している数字で見ると、普通の申込みでさえ、審査通過率は40%前後という状況なのです。従って、多重債務状態の方が大口の融資の審査で契約できる確率は非常に小さくなるということです。

また、もっと大切な問題として、仮に借り換えすることができたとしても、それで本当に完済することができるのかということです。残念ながら、借り換えにより、一時的には返済が楽になったものの、その後も借入残高が減少して完済できたという話をあまり耳にすることはありません。逆に、借り換えにより、さらに借金額を増やす利用者も大勢いるのです。

このように、きっかけ作りとしては、借り換えにも一定の利用価値はあると考えられますが、よほどしっかりした返済計画がないと完済には近づけません。従って、最低でもいつになれば完済できるのかという時期を決めて、返済計画を作ることが大切ですし、本当に借り換えで済むのかということも含めて、債務整理も念頭に置いて、専門家に相談してみることも重要です。