仮想通貨の取引所比較ブログについて

私は仮想通貨ブログをよく見ているが、若干紹介している取引所が違うことに気がついた。まぁ、色々な意見があってよいとは思うが手数料比較などで紹介するところはいっしょにならないとおかしい。数値を比べれば一目瞭然なのであるから、結論が合わないのはどうだろうと思った。そのブロガーの調査が足らないのか、または別の理由があるからなのかはわからない。

たとえばリップルをお得に買いたい場合は多くのブロガーがいうようにビットバンク(bitbank)であろう。たまにコインチェックなどや海外取引所を紹介しているが、初心者に海外取引所はハードルが高いし、コインチェックは現在取引を中止している。ようは無理やり紹介しているか、情報の更新をしていないことがあるのだ。仮想通貨は最新のテクノロジーであり、アップデートが頻繁にされるため情報が変わることが多い。そのため過去の情報のままにしていると間違いが起きるのでユーザー側からすると迷惑な話だ。

そんな中しっかりブログ記事を書いてるのが「仮想通貨ドリーム」だった。記事の内容が分かりやすく、最新の情報を追記して更新をしっかりやっているため参考になる。ブロックチェーンとはの記事やlisk、モナコインの記事は特に読みやすく、気づくと最後まで読んでいた。スマートフォンで見ても読みやすいため是非参考にしてほしい。他にも分かりやすいブログはあるが専門用語が多く、初心者にはわかりにくかったり、読むことをやめたくなったりする。余計な広告がないのも嬉しいところだ。最近はどこでも広告が目に入るため慣れてはいるが、すっきりしているのは好感が持てる。

取引所のアカウントを作りたい場合は、とりあえず作るという手もある。維持費はかからないし、気に入らなかったら使わなければいい。住宅ローンなどへの影響もないので安心してほしい。比較ブログに頼りっきりにならずに自分で開拓していくのも面白い、もっともそれだけの時間がある人でないと難しいかもしれないが。

最後にどういうブログ、サイトが信用できるかという点も気にしてほしい。しっかりメリット・デメリットが書いてあり、一貫性があるサイトこそファンが自動的に付くはずだ。時間はかかるが、そういう視点でサイトを選ぶことを強くおすすめする。

4位、5位の仮想通貨について

4位 ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは名前の通りビットコインからハードフォーク(分裂)したコインです。総発行数とプルーフ・オブ・ワークはビットコインと全く同じです。2017年8月1日に分裂したのと同時にビットコイン保有者に対し同じ量のビットコインキャッシュが配られました。ビットコインのブロックサイズが1Mに対し、ビットコインキャッシュのブロックサイズは8Mと大容量である。さらにビットコインキャッシュは32Mまで拡張が可能であり、より多くの取引が処理できるのが特徴です。そして送金手数料が比べ物にならないぐらい安く1円~6円ほどで海外送金が可能なためBtoBで導入する企業も出てくることが考えれる。

分裂の大きな理由としてビットコインの送金詰まりが挙げられる。マイニングプール「viaBTC」が舵を取り、新しいビットコインを作ろうとしたのがきっかけだ。ビットコインキャッシュ派としては時価総額でビットコインを抜きたかったが、ビットコインは世界の基軸通貨となっているので、そう思惑通りにはいかなかった。しかし2017年末には40万円を超える価格付き、その後は徐々に下がり2018年3月では10万円前後の価格を推移している。

5位 ライトコイン(LTC)

ライトコインはビットコインキャッシュの考え方に似ている。ライトコインはビットコインのブロック生成時間を0.25倍、4分の1に短縮し、総発行数を4倍の8400枚に設定した。ライトコインは仮想通貨の中では比較的早く誕生したという背景もあり、コミュニティもある程度出来上がっているため価格上昇に結びついたのだ。開発者のチャーリー・リー氏はゲームが好きでTwitterでもマリオカートのスクショを載せるぐらい趣味が分かりやすい。こういったアピールは若者ウケがよく、ファンがついたことも考えられる。また自身で保有していたライトコインを売却し、ポジティブトークはしないという宣言までしているところは面白い。

最近ではライトペイなるサービスを開発し、お店側が法定通貨へ換金する手間がなく売上を銀行口座で受け取れるのだ。ライトコインはアメリカで人気があるが、このサービスが2018年普及すればライトコインは最高価格を上回る高騰が予測できる。しかし現在立場はビットコインキャッシュの上な気がするのは私だけであろうか。時価総額でもTwitterでもよく耳にするのはビットコインキャッシュである。どちらもシンプルな構想であり、決済手段のみの機能であるからこそライバル関係になりやすい。

まとめ

どのコインが今後選ばれていくのかはとても興味深いが、投資家としてはヒヤヒヤすることも多々ある。かつてあった小売店や飲食店にどのクレジットカードを決済手段として扱うのかにとても似ている。仮想通貨は仲介手数料がほとんどかからないためお店が導入しやすいメリットはある。東京でも少しずつであるが仮想通貨決済ができるお店が増えている。大手リクルートも自社のインフラと組み合わせてビットコイン決済を導入しようとしてる。この現金大国日本で仮想通貨決済がどこまで普及するのかは専門家からすると簡単に予測できるのかもしれない。

時価総額が高いアルトコインについて

引用元:coinmarketcap.com

 

時価総額が高い仮想通貨TOP5を紹介します。

1位は当然ビットコインですね。「Market cap」と書かれている項目が時価総額でビットコインが圧倒的に買われて保持されているのがわかります。2位のイーサリアムでと比べてビットコインは約3倍ほどの額です。日本の取引所ではアルトコイン購入時に日本円で買うことができますが、海外の取引所では法定通貨でビットコインを買わないとアルトコインを購入することが出来ません。そのためビットコインが基軸通貨として成り立っているのです。

第2位のイーサリアム

イーサリアムはビットコインの取引量が多くなった2017年10月~12月に送金づまりが問題化しました。そのため投資家やICOをしたい開発者はイーサリアムを資金集めの通貨として選択した背景があり、価格も上昇しやすくなったのです。イーサリアムは自前のブロックチェーン上に分散型アプリを誰でも開発できるのが最大の武器です。大ヒットアプリ、クリプトキティーズでは仮想猫がETHで売買できるという斬新さでユーザーにウケたことから、イーサリアム過価格も高騰しました。またイーサリアムではアプリを稼働させるのにETHを使います。車でいう燃料のイメージに近いため「Gas」と呼ばれています。

開発者は当時19歳であったヴィタリック・ブリテンという若者でした。彼は現在23歳になりイーサリアムの開発を勧めています。子供の頃から数学や経済学に強く、さらにプログラミンも学んでいました。彼は17歳のときにはじめてビットコインを存在を知り、徐々にその魅力にのめり込んでいきました。

第3位のリップル

リップルはイーサリアムのように分散型アプリを作ることはできませんが、世界の金融インフラになろうという壮大な計画があります。リップルは通貨はXRPという単位で数えられます。ビットコインを作ったサトシ・ナカモトの構想にあった国際送金を安く、且つ速く行うという目的をリップルはさらに加速させ仮想通貨で中でナンバー1を狙う国際送金用の仮想通貨として世界各国の銀行と提携をすすめています。日本ではSBIホールディングスが中心となり、各銀行にリップルのシステムの役割を伝えています。

このシステムが出来上がることで驚異に感じるのは銀行です。現在は銀行はリップルのシステムを受け入れ、人員削減などの大改革を行っていますが、本来銀行がいらなくなるような仕組みなのです。もっといえば将来、現金がいらない世界がやってきます。銀行の主な役割は一般人の資産を預かるのと、企業などにお金を貸すことです。仮想通貨ではICOという資金調達方法があり、銀行を通す必要がありません。ICOはまだ出来たばかりのシステムですので、まだまだ問題がありますが、いずれ完成を迎えれば銀行から借りる社長がいなくなる日が来るかもしれません。

ちょっと長くなってしまったので今日はこのへんで。。

仮想通貨ドリームはあるのか?宝くじより勝てるのか

誰もが仮想通貨でお金持ちになる夢を見てビットコインなどに投資をしています。仮想通貨はよく投機だと言われますが、半分そうで半分は投資でもあると思います。もちろん短期的に稼ぐスキャルピングのようなトレーダーは稼ぐことしか興味がなく、その銘柄の深い部分まで知ろうとはしないでしょう。逆にコアなファンはその通貨の仕組みを勉強し、これは価値が上がると信じて買い増しを行っています。

短期トレーダーとは

冷静に稼ぐことだけを考えると前者の短期トレーダーの方が確実に稼げます。しかしこれは資金がある程度ないと難しいのです。例えば10万円分のリップルを買って10%分価格が上がり利確したとします。儲けは当然1万円ですよね。投資額が100万円だったらどうでしょうか、10%でも10万円稼ぐことが出来ます。もちろんリスクは上がりますが、資金が多い方のが効率的に稼ぐことが可能です。

資金が少ないからといって諦める必要はありません。NEMやリップルなど価格が安い仮想通貨は少ない資金で枚数を多く買えます。枚数が多ければ多いほど高騰したときにリターンは多くなります。2017年はこういった0.1円以下のコインを買って稼ぐ方も多くいました。しかし最近は相場が冷えているので、なかなか難しい状況です。

レバレッジ取引

基軸通貨であるビットコインは暴落したとはいえ、80万~110万あたりを動いているので稼ぐチャンスはあります。またビットコイン価格が下がっている時でもショートというレバレッジ取引を行えば高いときに売って、低いときに買うという面白い買い方が出来ます。現物取引ではありえない買い方です。上級者はこのようなFX取引を頻繁に行いトータルで買っている方もいます。しかしこれはとても難易度が高い取引ですので、初心者はまず手を出さない方が賢明です。

まとめ

仮想通貨ドリームはないともいえません。長期的に見ればまだまだ伸びる通貨も出てくるでしょう。特に開発途中のliskや、Dappsで成功しているイーサリアム、またイーサリアムの中国版NEOなどには期待が集まっています。2018年は決済手段として選ばれる通貨と、付加価値があるコインが伸びてくるのではないかと、おっさんは考えています。国内ではNEM盗難事件を受けてブロックチェーン協会を中心にセキュリティの強固に力をいれています。ユーザー数が伸びれば板もかつてないほどの盛り上がりを見せることでしょう。みんなが笑顔になれるような相場を期待しています。