カードローンの審査について

カードローンを申込むと、実際に融資を受ける前に必ず審査があります。この審査がどのように行われているのか、申込んだことのない人でも気になるでしょうから、それを解説しましょう。ただ、詳細はブラックボックスです。カードローン会社によっても異なるでしょうし、そもそも詳細は明らかにはされていません。ですから、あくまでも参考程度に考えておいてください。

審査の対象となるのは、大きく分けて3つです。仕事など収入の面、自宅や家族など生活の面、そしてこれまでのローン返済の面、この3点です。これらは、結局のところはその人に貸したお金をきちんと返してもらえそうかどうかということの判断に重要な切り口であると思われていることに他なりません。収入が無くてはもちろん借りたお金を返したくても返すことができないと考えられます。ですから収入面は一番重要です。そもそもいくらくらいまでであればこの人に貸してもきちんと返せそうかということを判断するうえでも年収というのは重要です。

また、単に現時点での年収が高くても、それが安定していなさそうだと思える人には、お金を貸すほうとしても慎重にならざるを得ません。具体例としては勤続年数の短い人が該当します。またすぐに今の仕事も辞めてしまうかもしれないと思われてしまうわけです。

生活面で安定していると思われる人は、多少返済が苦しくなろうとも今の生活を守るためには頑張って返済してくれるだろうと期待できます。逆に、生活面でしっかりした基盤のないような人は、いざとなればもしかすると行方をくらましてしまうようなこともあるかもしれないと思われてしまうわけです。

最後にこれまでのローン返済の面です。これは結局のところ、どれだけお金があって生活面で安定しているように思われても、お金にルーズな人は返済が遅れたりしがちであるということが理由になっています。逆に、多少苦しそうに見えても、真面目な人は返済だけはきちんとするものなのです。