カードローンの金利を少しでも抑えるには

借入をするときに何より気になるものは金利です。特にカードローンは少額から高額な金額まで借りることができ、原則として好きなときに利用できることからより金利に敏感になっておかなければ、少し損をしてしまうこともあります。カードローンの金利を抑える方法は次の3つです。

1つめの方法としてそもそも金利設定が低い金融機関から借入をするということです。最近では地方銀行からメガバンク、ネット銀行まで様々なタイプのカードローンが用意されています。地方銀行でも全国どこの人でも利用できる低金利のカードローンがありますし、ネット銀行では何らかのサービスを利用することを条件に店頭金利よりも引き下げた金利でローンを利用できるものもあります。

また利用すべきは銀行だけではありません。消費者金融でも、最近では銀行顔負けの金利プランを提供している会社もあります。また初回の利用に限り1ヶ月程無利息の時間を設けているキャンペーンなどもあるので利用しない手はありません

2つめの方法として、自分の信用情報をなるべく綺麗にしておくという手があります。よく掲示されている利息が数パーセントから15%近くという幅のあるローンで、かつ利率は総合的に判断して決定されます等という文言があるローンを借りるときに有効な方法です。

こういったローンの場合、信用情報や年収や勤続年数といった属性が良ければ良い程に大きな金額を低い利率で借りることができます。年収や勤続年数などの情報に嘘をつくわけにはいかないので、個人信用情報を綺麗にすることを目標にしましょう。具体的には、絶対に支払いを延滞しないことです。特にカードローンを申込み3ヶ月前は延滞は避けるべきです。これ以外に、利用していないクレジットカードは解約することもあげられます。

3つめの方法として、借りたお金をなるべく早く返すことがあげられます。上記の方法を使って、さらに返済すべき期間を短くすれば鬼に金棒です。これら3つの方法をうまく利用して負担を少しでも抑えましょう。