仮想通貨ドリームはあるのか?宝くじより勝てるのか

誰もが仮想通貨でお金持ちになる夢を見てビットコインなどに投資をしています。仮想通貨はよく投機だと言われますが、半分そうで半分は投資でもあると思います。もちろん短期的に稼ぐスキャルピングのようなトレーダーは稼ぐことしか興味がなく、その銘柄の深い部分まで知ろうとはしないでしょう。逆にコアなファンはその通貨の仕組みを勉強し、これは価値が上がると信じて買い増しを行っています。

短期トレーダーとは

冷静に稼ぐことだけを考えると前者の短期トレーダーの方が確実に稼げます。しかしこれは資金がある程度ないと難しいのです。例えば10万円分のリップルを買って10%分価格が上がり利確したとします。儲けは当然1万円ですよね。投資額が100万円だったらどうでしょうか、10%でも10万円稼ぐことが出来ます。もちろんリスクは上がりますが、資金が多い方のが効率的に稼ぐことが可能です。

資金が少ないからといって諦める必要はありません。NEMやリップルなど価格が安い仮想通貨は少ない資金で枚数を多く買えます。枚数が多ければ多いほど高騰したときにリターンは多くなります。2017年はこういった0.1円以下のコインを買って稼ぐ方も多くいました。しかし最近は相場が冷えているので、なかなか難しい状況です。

レバレッジ取引

基軸通貨であるビットコインは暴落したとはいえ、80万~110万あたりを動いているので稼ぐチャンスはあります。またビットコイン価格が下がっている時でもショートというレバレッジ取引を行えば高いときに売って、低いときに買うという面白い買い方が出来ます。現物取引ではありえない買い方です。上級者はこのようなFX取引を頻繁に行いトータルで買っている方もいます。しかしこれはとても難易度が高い取引ですので、初心者はまず手を出さない方が賢明です。

まとめ

仮想通貨ドリームはないともいえません。長期的に見ればまだまだ伸びる通貨も出てくるでしょう。特に開発途中のliskや、Dappsで成功しているイーサリアム、またイーサリアムの中国版NEOなどには期待が集まっています。2018年は決済手段として選ばれる通貨と、付加価値があるコインが伸びてくるのではないかと、おっさんは考えています。国内ではNEM盗難事件を受けてブロックチェーン協会を中心にセキュリティの強固に力をいれています。ユーザー数が伸びれば板もかつてないほどの盛り上がりを見せることでしょう。みんなが笑顔になれるような相場を期待しています。