ビットコインの暴落について賢く考察

仮想通貨が暴落したのはビットコインだけではありませんが、今回はビットコインだけに絞り考察していきます。

なぜ200万円まであがったのか

2017年年末は1BTC価格が200万円以上になり、誰もがまだまだ上がっていくことを予想していました。これは海外のインフルエンサーたちや大物投資家、アメリカの金融関係者などがポジショントークで将来ビットコインは300万円になる、500万円になるなどの意見が飛び交いました。もちろん否定的な意見もあり、2チャンネル創設者で有名なひろゆき氏もビットコインは価値がなくなるなどの話をしていました。

俗にイナゴと呼ばれる、高騰時に僕も私もと買いが強くなりこの価格まで登り詰めたのが一番の理由でしょう。またビットコインは海外取引所では基軸通貨であり、まずドルなどの法定通貨でビットコインを買います。そのビットコインでアルトコインと交換するのが海外取引所の特徴です。最近ではイーサリアムもこの傾向が強くなってきましたが、主導権を握るのはまだ時間がかかります。

coincheckのNEM盗難事件がビットコイン暴落に拍車をかける

2018年1月26日にビットコインなどを扱う取引所のcoincheckはハッカーにNEM580億円分を盗られるという事件が発生しました。このとき長く仮想通貨投資をやっていた投資家たちは誰もがマウントゴックスが頭をよぎったことでしょう。マウントゴックスとはかつてあった取引所の倒産です。私も資産をいくらか預けていたので半分諦めていました。

しかしcoincheckの会見で少し低いレートでいずれ投資家に補償するとの発表があったものの世間的には、仮想通貨は危なすぎるという印象しか残らず。多くの投資家が退場してしまい暴落を加速させました。

まとめ

2018年月に入りビットコインは80万円に前後になると、久しぶりに進行方向を変え100万~110万前後まで上昇しました。大口で購入できる投資家たちからすると80万円は買いだ!と思ったのでしょう。こうしてビットコインは少しだけ息を吹き返したのです。2018年はイーサリアムやリップルが時価総額でビットコインを抜いてくるかが楽しみです。