銀行が提供するカードローン

カードローンのサービスといえば、テレビコマーシャルで頻繁に宣伝されている影響もあってか、消費者金融が提供するものというイメージが強いですが、近頃は銀行が提供しているカードローンも人気を集めています。消費者金融は、貸金業として申請している企業なので、貸金業法を守って営業する必要があります。貸金業法の中には総量規制という定めがあり、消費者金融は、その規制の中でお金を貸し出す必要があります。そのため、消費者金融は、年収の三分の一を超えるような金額のお金を貸し出すことができません。そのため、アルバイトをしていない学生さんや、専業主婦の方など、本人の収入がない人は一円もお金を借り入れることができないことになってしまいます。

しかし、銀行は貸金業法で定める総量規制の対象外なので、審査の結果一定の返済能力があるという判断が下されれば、アルバイトをしていない学生さんや、専業主婦の方などでも、融資枠が設定される可能性があります。もちろん、安定した収入があって、年収の三分の一よりも多い金額を融資してもらう必要性を感じていないという人にとっても、銀行が提供するカードローンを利用するメリットがあります。それは、金利の安さになります。消費者金融が提供するカードローンの上限金利が、およそ18パーセントぐらいであるのが一般的なのに対して、銀行が提供するカードローンの上限金利は、15パーセントを下回ることがあります。上限金利とは、借入金額が最も少ない金額帯に属しているときに適用される金利のことで、一番身近な金利であり、他の金融機関と金利を比較をするときに、一番基準にしやすい金利ということになります。金利の安さは、返済のしやすさに大きく関わってくる要因なので、カードローンを利用する金融機関を比較検討するときに知名度が低いという理由で、銀行が提供するカードローンを除外することは、非常にもったいないということになります。(カードローンおすすめサイト