カードローンの申し込みに不可欠な在籍確認

カードローンをする時にも決められた審査が行われますが、その一環として欠かせないのが在籍確認です。カードローン会社の担当者が、申込書に記載された勤務先に電話をかけて、本当に在籍しているかどうかを確認するのが在籍確認です。しかし、申し込む側としては、いったいどんな電話をかけてくるのか非常に気になるところなのではないでしょうか。カードローンに申し込んでいることがバレてしまうのも嫌だし、不審な電話が勤め先にかかってくるようでは困ってしまうでしょう。でも、そんな心配はいりません。カードローン会社は、これから長年お付き合いすることになるかもしれない大切なお客様が不愉快な思いをすることがないよう、細心の注意を払って電話してくるのが普通です。

まず、カードローンに申し込んだことはバレることはありません。何故なら、会社名は名乗らずに個人の名前で電話をかけてくるのが普通だからです。これなら、電話を受けた人もまるで友人が勤め先に電話しているような印象を持つことでしょう。そして、本人がその場にいれば電話は取り次がれ、ごく簡単な確認をしただけで電話は終了します。しかし、そうなると、もしもいなかった場合はどうなるのか心配になってくるのではないでしょうか。カードローン会社としては、本当にその会社に在籍しているかだけを確認するというのが狙いです。もしもたまたま不在であれば、どこに行っているのかは確認しなければなりません。例えば、「ただいま業務で外出しているので1時間後に戻ります。」などいう返答を得られれば在籍しているということになるわけです。そして、万が一、このようなやり取りから不信に思ってカードローン会社の担当者が問いつめられるような事態となっても大丈夫です。担当者は百戦錬磨なので、するすると切り抜けて無難なやり取りのみで電話を終わらせられるテクニックを身につけています。つまり、在籍確認はそれほど心配するようなものではないのです。